ディオール財布

クリスチャン・ディオールは1905年にフランスノルマンディーで生まれて、“Dior”はフランス語の中で“神”(Dieu)と“ゴールド”(or)の組合せで、金色はそれからDiorブランドの最もよくある代表の色にもなった。クリスチャン・ディオールは衣服のデザインがではなくて、パリ政治学院を卒業して、また企業家の子として、彼は芸術の情熱に対して一度も消えてません。1946年、流行の領域の絶え間ない浮き沈みの後で、不惑の年のクリスチャン・ディオールはすでにやっとパリでMontaigne大通りは第1社の個人ファッション店を開きました。

選択に一致する商品が見つかりませんでした。